HOME > よくあるご質問 > 内容参照
内容詳細
件名

「特例開示」は誰でもできますか?

回答
債権者、債務者、電子記録保証人、対象となる「でんさい」の債権記録に記録されている者およびその相続人ならびにこれらの者の財産の管理および処分をする権利を有する者に限ります。
参考になりましたか?
Powered by i-ask
HOME > よくあるご質問 > 内容参照